GAT-X131B ブラウカラミティガンダム

【参考公式画像】

GAT-X131B ブラウカラミティガンダム

©創通・サンライズ

世界:機動戦士ガンダムSEED(コズミック・イラ)シリーズ

機体名:ブラウカラミティガンダム

英語名:Blau Calamity Gundam

形式番号:GAT-X131B

パイロット:

全高[全長]:18.26m (1/100:182.6mm) (1/144:126.8mm)

搭載武装:
・125mm2連装高エネルギー長射程ビーム砲「シュラーク」×2
・580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」×2
・115mm2連装衝角砲「ケーファー・ツヴァイ」×2
・コンバインドシールド(30mm径6銃身ガトリング砲)×2

「アクタイオン・プロジェクト」の構想を元にアクタイオン・インダストリー社が開発した後期GAT-Xシリーズの発展機。
もとより砲撃戦に特化したカラミティの特性を更に強化するコンセプトである。
武装は機体正面、それも水平以上にしか発射できないという制限があるものの、新型パワーエクステンダーの恩恵により単体のMSとしては過剰過ぎるほどの攻撃力を獲得するに至った。
また、原型機の337mmプラズマサボット・バズーカ砲「トーデスブロック」に加えて、30mm径6銃身ガトリング砲を装備することによって連続攻撃能力を向上させている。
反面、機体重量もほぼ倍になったことにより、初期の機動性は皆無に等しい状態であった。
その欠点を、脚部に搭載したホバーユニット(空間戦闘用にスラスターに変更可能)で対応することによって、必要最低限の機動性の確保に成功している。
なお、もともと高級機であるカラミティを再生産した上、追加武装に潤沢な予算をかけたこともあり、本機体はプロジェクトの予算を約半分食いつぶす結果となっている。

登場作品一覧

開発系譜

●開発元



●機体

GAT-X131B ブラウカラミティガンダム
GAT-X131B ブラウカラミティガンダム

公式画像は全て著作権元(※バンダイ等)の著作物です。引用/転載の基準については著作権元に準じます。
当サイトは商品の紹介の為に画像は引用させてもらっていますのであしからず。
画像等に直接著作表記のない公式画像については画像下に著作表記を記載します。




質問や意見、サイトに対する要望等あったら書き込んでください。

« »