GAT-X252R ロートフォビドゥンガンダム

【参考公式画像】

GAT-X252R ロートフォビドゥンガンダム

©創通・サンライズ

世界:機動戦士ガンダムSEED(コズミック・イラ)シリーズ

機体名:ロートフォビドゥンガンダム

英語名:ROT FORBIDDEN GUNDAM

形式番号:GAT-X252R

所属:

製造元:

パイロット:

全高[全長]:17.47m (1/100:174.7mm) (1/144:121.3mm)

搭載武装:
・75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
・115mm機関砲「アルムフォイヤー」×2
・88mmレールガン「エクツァーン」×2
・拡散ビーム砲×2
・誘導プラズマ砲「フレスベルグ」
・重刎双首鎌「ツインニーズヘグ」

「アクタイオン・プロジェクト」の構想を元にアクタイオン・インダストリー社が開発した後期GAT-Xシリーズの発展機。
予算の枯渇から制式量産モデルである「GAT-707E フォビドゥンヴォーテクス」を改修し製造された機体。
「ベース機の能力を2倍に増強しつつ弱点もカバーする」という強化コンセプトに基づき、武装の大幅強化に加え、主に前衛での防御戦闘能力の強化が図られている。
このため、当初はエネルギー偏向装甲である「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」を4枚装備する想定であったが、装備自体のエネルギー消費量が尋常では無いことに加え、部材調達が困難であることも重なり破綻。
この問題を解決するため、肩部に耐ビーム用特殊粒子噴出口を設置することで解決、相乗効果により、ゲシュマイディッヒ・パンツァー自体の効果も増す上、コストタウンもはかれた。

開発系譜

GAT-X252R ロートフォビドゥンガンダム GAT-X252R ロートフォビドゥンガンダム

公式画像は全て著作権元(※バンダイ等)の著作物です。引用/転載の基準については著作権元に準じます。
当サイトは商品の紹介の為に画像は引用させてもらっていますのであしからず。
画像等に直接著作表記のない公式画像については画像下に著作表記を記載します。




コメントを残す

« »