HGBF ライトニングガンダム 素組 Twitter まとめ

HGBF 1/144 LGZ-91 ライトニングガンダム  11月08日 発売! 定価:1,600円

HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステム  11月08日 発売! 定価:800円

今回はHGBF ライトニングガンダムとHGBC ライトニングバックパックの素組まとめです(--b
BFTのチーム機として出てきたリガズィをベースにした機体ですね。
ただし、このキットは完全新規造形でリガズィを模した所なんて皆無なのであしからず。
辛うじて似てる所と言えば、変形の構造ぐらい?
言うとしたら、リガズィのコンセプトを受け継いだ機体と言うべき。

HGBF ライトニングガンダム パッケージ

BFT基準で作られてるだけあって全体的に作りやすいです(--b
プロポーションはまぁまぁいい感じ。
半可変機と言うこともあり、すこし足まわりが大きい気がする。

HGBF ライトニングガンダム 下半身 HGBF ライトニングガンダム 胸部

全体的に完成するとリガズィと言うよりZシリーズに戻ったような形状になります。
思うのは、ライトニングとリガズィをミキシングすればリガズィカスタムを作れるような気がしますね。

HGBF ライトニングガンダム 正面 HGBF ライトニングガンダム 背面

最後にリガズィとの比較。
大きさはさほど変わらないけど、ホントに似ている所が皆無(--;
もうオリジナルで良いんじゃないかと思うぐらいだな。

HGBF ライトニングガンダム HG リガズィ 比較

続いて、ライトニングバックパックウェポンシステムの素組(--b
これがリガズィのBWSと同じコンセプトのカスタムパーツですね。

ビルドカスタム系のキットに言えることですが、キットに付属のものを別売りしてるものと、完全新規の追加パーツをもっと分りやすく表記して欲しいですよね(--;
例えばHGBFビルドストライクとHGBCビルドブースターはビルドストライクに入ってるビルドブースターを単純に別売りしてるだけだし。
今回のライトニングガンダムはHGBFライトニングガンダムでは全部完成しなくて、HGBCライトニングバックパックウェポンシステムを買わないと完成しないみたいな。

HGBF ライトニングバックパックウェポンシステム パッケージ

それはさて置き。単体で飾るとこんな感じ。
ミサイルポットとビーム砲を選択式で取り付けることが出来ます。
写真はミサイルポット装備型。

HGBF ライトニングバックパックウェポンシステム 正面 HGBF ライトニングバックパックウェポンシステム 背面

ライトニングガンダムに取り付けるとこんな感じ(--b
肩についているビーム砲は選択式で、つけても付けなくてもいい感じ。公式では付けてませんね。
ライトニングガンダムには、結構パーツ取り付け用の穴があるんだけど、基本的にいろいろなパーツが邪魔してモリモリ付けるには余り適してません。

HGBF ライトニングガンダム LBWS装備型 正面 HGBF ライトニングガンダム LBWS装備型 背面

リガズィと同じく、巡航形態に変形が可能。
リガズィのコンセプトを基本に、廃棄型のBWSを再利用出来るようにした改造ですね。

HGBF ライトニングガンダム LBWS装備型 巡航形態 正面 HGBF ライトニングガンダム LBWS装備型 巡航形態 背面

二つ合わせてようやく完成のライトニングガンダムでした(--b
作ってみても解るんですが、出来としてはすごい並みです。
出来がすごいわけじゃないし、悪いわけでもない。
今の技術の平均って感じのキットだったので、初心者には組みやすいキットかも?



詳細データ

その他詳細情報はガンプラ図鑑に記載

【HGBF 1/144 LGZ-91 ライトニングガンダム】のガンプラ図鑑はこちら

【HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステム】のガンプラ図鑑はこちら

HGBF ライトニングガンダム

発売日:2014年11月08日

定価: 1,600円 (税抜)

amazonリンク

あみあみ

HGBC ライトニングバックウェポンシステム

発売日:2014年11月08日

定価: 800円 (税抜)

amazonリンク

あみあみ





何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。
※コメントは承認制のため承認されるまで何も表示されません。


コメントを残す