ポケモンHOMEに送れる過去作ソフトのまとめ

ポケモンバンクの新規DLが終了するとのことで今後の提供終了を考慮して過去作の相互関係や移送のできるゲームソフトを個人的にまとめてみました。
新規DL終了は2023年3月下旬でその後無料期間が一定期間あるとのことで、個人的にはそれまでの期間をつかい各ゲームの主人公名再プレイをしていく予定です。

過去作からの移送方法

最新作のポケモンやボックス機能であるポケモンHOMEにポケモンを送れる一番古い作品からの移動方法の簡易紹介です。
たいだいの移動共通でひでんわざを覚えたポケモンが選べない傾向があります。

第3世代(RSE/FRLG)~第4世代(DPt/HGSS)への移動(パルパーク)

NintendoDSのダブルスロット機能を使って移動可能。
送りたいGBAソフト(RSE/FRLG)をスロットに差した状態で受け取りたいDSソフト(DPt/HGSS)を起動し、「(ソフト名)からつれてくる」を選択。
ポケモン選択後、ゲーム内のパルパークよりポケモンを捕まえる。(※6匹単位での移送のみ可能)
※第4世代をクリア(殿堂入り後)のみパルパークは利用可能。またDPtでは1日の移動制限があるためHGSSでの移動を推奨。
※移動するポケモンはすべてボックスに預けておくこと、手持ちポケモンの移動不可。

第4世代(ダイパプラチナHGSS)~第5世代(BW/BW2)への移動(ポケシフター)

DS同士の通信機能を利用して移動させるため2台のDSが必要。(※3DS/DS機種は問わず)
第5世代DS側のシフトファクトリーにて移動選択、第4世代DS側でダウンロードプレイから「ポケシフター」を起動しミニゲームをプレイ。
捕獲できたポケモンのみ移動可能。
※第5世代をクリア(殿堂入り後)のみ「ポケシフター」を起動可能。
※移動するポケモンはすべてボックスに預けておくこと、手持ちポケモンの移動不可。
※第4世代以前のポケモンはポケシフターで第5世代に移動した日が出会った日に書き換わります。

第5~7世代(BW/BW2/XY/ORAS)~ポケモンバンクへの移動

この世代からはポケモンバンク標準対応のため一気に移動可能。
※第5世代(BW/BW2)とVC版(赤緑青黄金銀クリ)はポケモンバンクへ一方通行のため移動は注意。

ポケモンバンク~ポケモンHOMEへの移動

ポケモンバンクから引越し機能を使い移動可能。
※一方通行移動のため移動の際は注意。

1~2世代(ポケモンHOMEへの移送不可)

ゲームボーイ/Nintendo64世代でこの世代での相互通信は可能。
公式でゲームボーイとアドバンス世代との相互切りが発生したため現行作品へのポケモン移動が不可能になる。
そこまで詳しく書いてもあとにつながらないため軽くメモ書き。

ゲームボーイシリーズ

言わずもしれた最初代のポケモンシリーズ。
1世代(赤緑青黄)と2世代(金銀クリスタル)がありでは相互で交換が可能でした。
※このシリーズは全て後の3DSバーチャルコンソールにて配信されたため当時のゲームのプレイや捕まえたポケモンの移動が可能になりました。

作品名 ポケットモンスター 赤
ポケットモンスター 緑
ポケットモンスター 青
ポケットモンスター ピカチュウ
ポケットモンスター 金
ポケットモンスター 銀
ポケットモンスター クリスタルバージョン
対応ハード ゲームボーイゲームボーイカラーゲームボーイアドバンス(GB相互)
登場地方/主人公名 ・赤緑青黄(カントー地方:レッド/グリーン/ブルー/サトシ)
・金銀クリスタル(ジョウト地方:ゴールド/ケンタ/クリス)

Nintendo64シリーズ

Nintendo64にて展開された本編(GBカートリッジ版)のポケモンを3Dで戦わせることができるようにしたゲームシリーズ。
レンタルポケモン等もいるため本編なしでもプレイは可能なものの連動なしでは特に引き継ぎ等の要素はなし。
本編の倍速プレイモード等があり快適プレイが出来たりトーナメントバトルモードがあったりと当時かなり充実要素でした。

作品名 ポケモンスタジアム
ポケモンスタジアム2
ポケモンスタジアム 金銀
対応ハード Nintendo6464GBパック N64

3~7世代(各世代をまたいで順番にポケモンHOMEへの移送可)

ゲームボーイアドバンス~DS世代で手順はあるもののすべての作品からポケモンバンクへの移送が可能。
ポケモンバンク閉鎖を持って相互切りとなる可能性があるため一旦区切り。

ゲームボーイアドバンスシリーズ

GBAになって初めてのポケモンシリーズ。
完全新作「ルビー/サファイア/エメラルド」とポケモン赤緑青黄のリメイク作「ファイアレッド/リーフグリーン」があります。
ゲームボーイアドバンス本体はGBソフト相互ではあったもののゲーム同士の交換や対戦ができなくなり初めて過去作との相互切りが発生。
結果GBA同士の通信と後述するゲームキューブ版ポケモンシリーズとの相互通信のみが可能。
また後述するポケモンDSシリーズにGBA相互スロットのあるNintendoDSを使用することで新作へ一方通行の移送が可能。

作品名 ポケットモンスター ルビー
ポケットモンスター サファイア
ポケットモンスター エメラルド
ポケットモンスター ファイアレッド
ポケットモンスター リーフグリーン
対応ハード ゲームボーイアドバンスNintendoDS(GBA相互)NintendoDSLite(GBA相互)
登場地方/主人公名 ・ルビー/サファイア/エメラルド(ホウエン地方:ユウキ/ハルカ)
・ファイアレッド/リーフグリーン(カントー地方:レッド/リーフ)
ソフトリセット ・さいしょからはじめるを選択(共通)

Nintendoゲームキューブシリーズ

Nintendo64に続き始まったゲームキューブ版の3Dポケモンシリーズ。
コロシアム/XDはちゃんとオリジナル主人公やストーリー性のある単発のゲームになっておりクリア後はGBAシリーズとの相互交換が可能。
ポケモンボックスはGBAソフトと通信しポケモンを預けることが可能で、一部条件を満たすとポケモンのタマゴをもらえる。

作品名 ポケモンコロシアム
ポケモンXD
ポケモンボックス ルビー&サファイア
対応ハード Nintendo ゲームキューブ
登場地方/主人公名 ・コロシアム(オーレ地方:レオ)
・ポケモンXD(オーレ地方:リュウト)
ソフトリセット ・さいしょからはじめるを選択(共通)

Nintendo DSシリーズ 1期

GBAより新しくなったDS版のポケモンシリーズ。この枠内であれば相互の交換通信が可能。
完全新作「ダイヤモンド/パール/プラチナ」とポケモン金銀リメイク作の「ハートゴールド/ソウルシルバー」があります。
ゲームクリア後はGBAシリーズのポケモンから前作で育てたポケモンをDSのダブルスロット機能を使って一方通行で移送できる機能を開放できる。

作品名 ポケットモンスター ダイヤモンド
ポケットモンスター パール
ポケットモンスター プラチナ
ポケットモンスター ハートゴールド
ポケットモンスター ソウルシルバー
対応ハード NintendoDSNintendoDSLiteNintendo3DS
登場地方/主人公名 ・ダイヤモンド/パール/プラチナ(シンオウ地方:コウキ/ヒカリ)
・ハートゴールド/ソウルシルバー(ジョウト地方:ヒビキ/コトネ)
セーブ初期化 「さいしょからはじめる」の項目があるもののセーブデータがある状態で始めるとセーブが出来ないため一旦セーブデータを削除する必要がある。
タイトル画面で十字キー上/SELECTボタン/Bボタン

Nintendo DSシリーズ 番外 ポケモンレンジャーシリーズ

DSで発売されたポケモンシリーズ外伝ポケモンレンジャーシリーズ。
バトナージと光の軌跡では特別な配信ミッション「スペシャルミッション」をクリアした報酬として一部ポケモンを本編シリーズにふしぎなおくりもの形式にて送ることが可能。
また第1作の唯一手に入る「マナフィのたまご」はWミッションのクリア報酬になっておりWミッションの受け取り方もDSダブルスロット機能を使った店舗限定配布だったため新規入手不可。
現在全ての配布や配信が終了しているため正規の入手は不可。入手手段としてはミッション受け取り済みソフトを中古で購入するのみとなります。

作品名 ポケモンレンジャー
ポケモンレンジャー バトナージ
ポケモンレンジャー 光の軌跡
対応ハード NintendoDSNintendoDSLiteNintendo3DS
登場地方/主人公名 ・ポケモンレンジャー(フィオレ地方:カズキ/ヒナタ)
・ポケモンレンジャー バトナージ(アルミア地方:ハジメ/ヒトミ)
・ポケモンレンジャー 光の軌跡(オブリビア地方:ナツヤ/ミナミ)
セーブ初期化 ソフトとして初期化が不可能なため「さいしょからはじめる」にて上書き保存が必要。(共通)

Nintendo Wiiシリーズ

ゲームキューブの次世代機「Wii」で展開されたポケモンシリーズ。
ポケモンレボリューションはコロシアム等の進化版にあたりDS本編のポケモンのデータをコピーする形で連動可能だがDS側との相互通信は不可。
ふしぎなおくりものシステムを使って「なみのりピカチュウ」のみ移送可能。
この世代はネット環境の標準化に従いDL専用ゲームが出始めた頃でポケモンボックスの進化版である「みんなのポケモン牧場」というソフトも存在。
ただしポケモン牧場は現状Wiiネットワークサービス終了のため新規DL不可で、DLされた本体を入手すればDS側との相互通信可能。

作品名 ポケモンバトルレボリューション
みんなのポケモン牧場(新規DL不可)
対応ハード Nintendo Wii

Nintendo DSシリーズ 2期

相互交換切りで新しくなったポケモンシリーズ。
1期にあたる「ダイヤモンド/パール/プラチナ/ハートゴールド/ソウルシルバー」はクリア後の特典としてポケシフターという機能を使った一方通行の移送が可能。
ただし移送に2台のDSが必要なため必要コストは少し上昇しました。同じ枠内での相互通信は可能。
また後述のポケモンバンクへの一方通行の転送が可能。
連動するDL専用ソフト「ポケモンARサーチャー」にてARゲームを通して道具やポケモンの捕獲ができる機能もありました。
「ポケモンARサーチャー」はニンテンドーeショップ閉鎖にともない新規DL不可になります。
またポケモンレンジャーシリーズにもふしぎなおくりものでポケモンを送れる物があるものの期間限定配信ミッションを受信済のソフトでのみ可能なため割愛。

作品名 ポケットモンスター ブラック
ポケットモンスター ホワイト
ポケットモンスター ホワイト2
ポケットモンスター ブラック2
ポケモンARサーチャー(DL専用)
対応ハード NintendoDSNintendoDSLiteNintendo3DS
登場地方/主人公名 ・ブラック/ホワイト(イッシュ地方:トウヤ/トウコ)
・ブラック2/ホワイト2(イッシュ地方:キョウヘイ/メイ)
セーブ初期化 「さいしょからはじめる」の項目があるもののセーブデータがある状態で始めるとセーブが出来ないため一旦セーブデータを削除する必要がある。
タイトル画面で十字キー上/SELECTボタン/Bボタン

Nintendo 3DSシリーズ 1期

いつしか忘れられた機能裸眼3D対応の新世代DSで展開されたポケモンシリーズ。
ポケモンのグラフィック自体も初めて3D化され2Dから進化しました。
後述のポケモンバンクを含め同じ世代での相互通信が可能。
ポケモンバンクを通じて以降の世代に送ることも可能だが一度送ると元の世代に戻せない制限あり。

作品名 ポケットモンスター X
ポケットモンスター Y
ポケットモンスター オメガルビー
ポケットモンスター アルファサファイア
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア体験版(シリアルDL専用)
対応ハード Nintendo3DS
登場地方/主人公名 ・X/Y(カロス地方:カルム/セレナ)
・オメガルビー/アルファサファイア(ホウエン地方:ユウキ/ハルカ)
セーブ初期化 タイトル画面で十字キー上/Xボタン/Bボタン

Nintendo 3DSシリーズ ポケモンバンク DLサービス終了:2023年3月下旬

ポケモンHOMEの前身に当たるDL専用有料のポケモン保管サービス。
このソフトが根幹となって3~7世代のポケモンたちをポケモンHOMEへ移送可能。
前述後述の3DSポケモンシリーズより相互または一方通行の移送が可能。
詳しくは公式サイトと引用の相関図を参照。
預けられる数は3000匹で過去ボックスシリーズから倍増。

作品名 ポケモンバンク(DL専用)
ポケモンムーバー(バンク内DL専用)
対応ハード Nintendo3DS

Nintendo 3DSシリーズ 2期

ポケモンバンク対応の3DSポケモン最終シリーズ。
キャラクターが本編で初めてリアル等身化、以降作品で全てではないもののこの等身が標準に。
同じ枠内の相互通信は可能、バンクを通じて過去作から受け取ることは可能なものの相互通信は不可。

作品名 ポケットモンスター サン
ポケットモンスター ムーン
ポケットモンスター ウルトラサン
ポケットモンスター ウルトラムーン
ポケットモンスター サン・ムーン体験版(DL専用)
対応ハード Nintendo3DS
登場地方/主人公名 ・サン/ムーン(アローラ地方:ヨウ/ミヅキ)
・ウルトラサン/ウルトラムーン(アローラ地方:コウタ/コウミ)
セーブ初期化 タイトル画面で十字キー上/Xボタン/Bボタン

Nintendo 3DSシリーズ バーチャルコンソール DLサービス終了:2023年3月下旬

ダウンロード専用ソフトとして復帰した1~2世代のポケモンシリーズ。
3DSのオンラインストア又はシリアルコードの入力にて購入可能でリメイク等ではなく完全な移植作品。
DLした本体でのみプレイすることが可能なため複数台でプレイする場合は台数分購入が必要。
ポケモンバンクの付属ソフト「ポケムーバー」を利用すればバンクへの一方通行での移送は可能。
またポケモン全てが隠れ特性扱いの個体になり、エリア情報は「懐かしの〇〇からやってきた」となる。
※ただし隠れ特性がない個体は通常特性。

作品名 ポケットモンスター 赤 VC Ver
ポケットモンスター 緑 VC Ver
ポケットモンスター 青 VC Ver
ポケットモンスター ピカチュウ VC Ver
ポケットモンスター 金 VC Ver
ポケットモンスター 銀 VC Ver
ポケットモンスター クリスタルバージョン VC Ver
対応ハード Nintendo3DS
登場地方/主人公名 ・赤緑青黄(カントー地方:レッド/グリーン/ブルー/サトシ)
・金銀クリスタル(ジョウト地方:ゴールド/ケンタ/クリス)
セーブ初期化 「さいしょからはじめる」にてセーブデータの上書き保存が可能。

7~9世代(ポケモンHOMEで相互移送対応可能。(※未対応のソフトあり))

世代として一部3DS世代とかぶるものの基本的にはSwitchで発売されたシリーズ。
同じ枠内ではポケモンHOMEにて相互通信が可能で、ソフト間の通信も可能。
一部HOME未対応ののソフトがあるものの順次対応されるため順次追記。

Nintendo Switchシリーズ 1期

Switch初めてのポケモンであり1世代の完全リメイク作。唯一世代として第7世代に当たる。
また後述のスマートフォン専用ゲーム「ポケモンGO」の捕獲システムを取り入れた異色なポケモン作品。
主人公も一新して1世代主人公を先輩トレーナーとして登場させているためリメイクといいながら新作に近い。
HOME対応済み。

作品名 ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ
ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ
対応ハード Nintendo Switch
登場地方/主人公名 ・ピカチュウ/イーブイ(カントー地方:カケル/アユミ)
セーブ初期化 ゲームカセット内にはセーブデータがないためSwitchのデータ管理にてセーブデータを削除。

Nintendo Switch ポケモンHOME

NintendoSwitchのポケモンシリーズ開始に伴い始まったポケモンバンクの後継作品。
バンクからの一方通行の転送が可能で、3~7世代シリーズ全てのポケモンをこのソフトに集約が可能。
同Switch世代のポケモンシリーズは相互通信が可能で、作品ごとの縛りを除外すれば出し入れが自由。
基本無料DLとはいえ全機能開放はの月極コンテンツとなるのでそれなりにコスト(1年約2000円程度)がかかる。
預けられる数は6000匹とバンクから倍増。

作品名 ポケモンHOME
対応ハード Nintendo Switch

Nintendo Switchシリーズ 2期

第8世代として初めての完全新作ポケモンシリーズ。HOME対応済みで相互通信が可能。
初めての追加有料DLが配信された作品で、かなり息の長いシリーズになってます。

作品名 ポケットモンスター ソード
ポケットモンスター シールド
対応ハード Nintendo Switch
登場地方/主人公名 ・ソード/シールド(ガラル地方:マサル/ユウリ)
セーブ初期化 ゲームカセット内にはセーブデータがないためSwitchのデータ管理にてセーブデータを削除。

Nintendo Switchシリーズ 3期(ポケモンHOME未連動)

シンオウ地方を舞台とした「ダイアモンド/パール/プラチナ」のSwitchリメイクとアルセウス関連の完全新作「Pokémon LEGENDS アルセウス」からなるシリーズ。
2022年3月現在HOMEとは未連動になるので通信不可。Ver違いの同シリーズやアルセウス間での相互通信は可能。
リメイク作は旧ダイパシリーズで没になったイベントなどが今回のリメイクに合わせ実装されています。
剣盾/ダイパリメイクのセーブデータの有無等でもらえるポケモン有り。

作品名 ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド
ポケットモンスター シャイニングパール
Pokémon LEGENDS アルセウス
対応ハード Nintendo Switch
登場地方/主人公名 ・ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール(シンオウ地方:コウキ/ヒカリ)
・アルセウス(ヒスイ地方:テル/ショウ)
セーブ初期化 ゲームカセット内にはセーブデータがないためSwitchのデータ管理にてセーブデータを削除。

Nintendo Switchシリーズ 4期(2022年冬発売予定の完全新作)

アルセウスのオープンフィールドシステムを受け継いだ完全オープンフィールドの新作ポケモンシリーズ。
情報がまだ揃ってないのでなんとも言えないところですが、HOME対応が明言されているのと過去シリーズのポケモンも登場するようなので初めての全国図鑑対応作になるかもしれません。
発売時期は過去作と照らし合わせれば11月の後半になるかとおもわれます。
6月頃のE3での新作発表が楽しみですね。

作品名 ポケットモンスター スカーレット
ポケットモンスター バイオレット
対応ハード Nintendo Switch
登場地方

スマートフォン専用ポケモンシリーズ ポケモンGO(ポケモンHOME連動済)

ポケモンゲームシリーズとしては番外編に当たるもののポケモンHOME連動が発表され本編にポケモンを送れるようになったポケモンゲーム。
独自システムで運営されており通常のポケモンシリーズとは全く違うゲームで、一部捕獲システム等がピカブイシリーズにて採用された。
HOMEへの一方通行の転送が可能で各Switchのポケモンシリーズにて受け取りが可能。

作品名 ポケモンGO
対応ハード スマートフォン



何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。
※コメントは承認制のため承認されるまで何も表示されません。


質問や意見、サイトに対する要望等あったら書き込んでください。

« »