HGUC リバウ Twitter 素組まとめ

ガンプラの定価や発売日などの情報はガンプラ図鑑に記載。

【HGUC 1/144 AMX-107R リバウ [REBAWOO]】のガンプラ図鑑はこちら

Twitterのコメントを発端にリバウを作ることに(--b
大元の登場は、東京のガンダムフロントで公開されていたCGムービーに登場するUCMSVにあたる機体ですね。
いろいろなブログレビューを見る限り前々からリバウはそれほど評判が良くなかったので、作るのをためらって放置していました(-m-;

HGUC リバウ パッケージ

キットとしてはかなりミキシング感が強くて、バウとシナンジュとリバウの3種類のランナーが入っています。
しかも、作って行くと解るんですが、このキットかなり変則でHGUCでほぼ初めて?素組するのに接着剤がいるキットです(--;
接着するのは4箇所だけですが、持ってないと組み上がらないので注意が必要ですね。

HGUC リバウ 下半身 HGUC リバウ 本体

サクサク作って行きましたが、俺的にはかなり好きなキットでした(--b
評判に聞くほど悪くないし、プロポーションもなかなかの物。
新規造形パーツはランナー1枚分ですが、バウの印象はあまりないかもしれないですね。
どちらかというと、シナンジュとかサザビー近い印象を受けました。

HGUC リバウ 正面 HGUC リバウ 背面

最後に俺的にもどうもいけてないと思った。
このキットの出来の悪い所として、顔の造形があると思います(--;
フォロワーさんとかとも話してたんですが、やっぱり顔がバウと同じ2枚合わせだけのパーツ構成なのでUCのサイトに書いてあるような凛々しい印象の顔にならないんですよね。

HGUC リバウ 顔パーツ

なので、簡単に良くならないかとキットに付いてるパーツだけを使ってやってみたんですが、思ったより手間の掛かる改修になってしまって素組の範囲を超えた気がします(--;
一応、デザインナイフと接着剤をちょい付けしただけで大きな改修はしていません。
手軽な改修で良くなったからまぁよしとしておきます(--;

HGUC リバウ 加工 HGUC リバウ 加工後正面

と言うわけで、リバウの素組とちょっとした改修でした(--b
今回改修した削った顔パーツ、後で気がついた(思い出した)んですが、2組付いているので気軽に改修しても大丈夫でした。
外せば素組に戻せるように作っているので一応コンパチ仕様になりました。
こういうことしてると、もうそろそろ改造にも手を出したくなってきますねぇ(-q-。



詳細データ

キットで使用した道具や工具

ハサミニッパーピンセット爪楊枝瞬間接着剤セメント

HGUC リバウ

発売日:2013年12月18日

定価: 2,400円 (税抜)

その他詳細情報はガンプラ図鑑に記載

【HGUC 1/144 AMX-107R リバウ [REBAWOO]】のガンプラ図鑑はこちら





何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。


コメントを残す