HG 局地型ガンダム [The ORIGIN] Tiwtter 素組 まとめ

ガンプラの定価や発売日などの情報はガンプラ図鑑に記載。

【HG 1/144 局地型ガンダム [TheORIGIN]】のガンプラ図鑑はこちら

今回のまとめはTheORIGINシリーズのガンプラでは初となるガンダムタイプ!
少し画像多めでツイートしたので全てまとめ。
設定としてはプロトタイプガンダムとほぼ同列開発の地上試験機。
陸戦型ガンダムの流れを含む全てのMSの基本体となったガンダムの様子。

そしてこのキットが出たことで一つの希望が実現w
外箱の説明や付属の組み立て説明書には水中型ガンダムとアクアジムの表記が!
キットの構造的にもランナーの設計的にも完全に水中用ガンダムが出せる設計になっている!
正史での水中型ガンダムはキット化らなずだったけど、せめてオリジンでいよいよ形として見ることができるのか!?
今後に期待だね(-m-。
ホントかどうかはわからんがガンダイバーと水中型ガンダムは別機体らしい。

古い機体というのを意識したものなのかどうかは分からないが腰部の構造とかは案外簡単な形状。
両足部分も新しい構造として作られていて足首のアーマーが一体化した構造。
蛇腹のカバーが付いていることを再現したかったんだと思うがここが一体化してるのは結構残念な点。
カバーが動かなきゃそもそも動かせないからどうしようもないが可動範囲が狭くなってしまってる。

ちょっと足の部分に新しい構造があったので組み立てをそれぞれ再現。
結構組みにくい点ではあるけど前後に動く構造を作るために少し浮いた感じの接続部分となっている。
これがいいのか悪いのかはわからんが防水シーリングの再現としてはまだいいのかな?

そして、ここも注目の点。
新規キットなのに早速あまりパーツが有るw
これは完全に水中型ガンダム用のパーツで一部パーツを差し替えることによって再現する予定であることが伺える。
ついでに、足首のアーマーの接写も撮影したので一枚。

胸部と腕をつければ本体完成!
胸部はどちらかというとフルアーマーガンダムに近い構造になっていてカバーを被せてある感じ。
肩アーマーはこの時からすでに陸戦型ガンダムに近い形になってる。
全体的に古い機体ほど各部が大きめに設計されてるのもオリジンのいいところよね。
あと、このガンダムの特徴でもあるのは頭部でジムのようなクリアバイザーが付属。

引き続く武装。
マシンガンはプレバンで発売された機動実証型プロトタイプグフのものと同じもの。
これは設定としても同じメーカーのものであると明言されてるから手抜きと断言するのは早いぞ。
シールドも形こそ違うが陸戦型シールドのプロトタイプッて感じのデザインでいい感じ。

全て取り付けて局地型ガンダム完成(--b
シールドは自立する形を取ることもできる上にビームサーベルまで取付可能。
写真には載ってないがビーム刃もピンクのものが付属。

せっかく初めてのガンダムタイプということで久しぶりにポージングをとらせてみたがやっぱりめんどくさいね。
そもそも立ち姿のほうが好きだから全然のらないw

今後のオリジンガンダムタイプに使えそうなパーツ構成やガンダム2号機の頭部にデザイン流用できそうな形。
相変わらずTheORIGINは開発系譜を感じさせる最高のシリーズだね!w



詳細データ

その他詳細情報はガンプラ図鑑に記載

【HG 1/144 局地型ガンダム [TheORIGIN]】のガンプラ図鑑はこちら

発売日:2016年07月09日

定価: 2,000円 (税抜)

amazonリンク

あみあみ





何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。
※コメントは承認制のため承認されるまで何も表示されません。


コメントを残す