HG ガンダムバルバトスルプス Twitter 素組まとめ

ガンプラの定価や発売日などの情報はガンプラ図鑑に記載。

【HG 1/144 ASW-G-08 ガンダムバルバトスルプス [GUNDAM BARBATOS LUPUS]】のガンプラ図鑑はこちら

※2016-10-06 仮記事から加筆してアップしました。

今回はオルフェンズ2期に登場するバルバトスルプスの素組みまとめ(--b
バルバトスルプスはまんまバルバトスの改修機で三日月に合わせて劣化したバルバトスを再調整して完成させた機体とのこと。
全体的にトゲトゲした箇所が増えてより修羅/悪魔的?な印象を出そうとしてるってのがわかる感じ。

アニメの方は2期が滑る法則が発動するかとヒヤヒヤしたけど1話から全然安心して見られそうな出来でかなりホッとしたw
00と同じく少し時間はたったけど26話~って編成がいいのかね?
完全別タイトル/別主人公で二期をやると滑る法則が破られる日は来るんだろうか。

さておき、組み始めるとわかるけどほぼ形が違うからバルバトスといえど結構新鮮w
全体的な構造自体はフレームをそのまま流用してるから変わらないけど、各所の色分けと組合せで結構精密に整形されてる様子。
あと、言うならデザインベースになってるのは恐らく第6形態。
応急だった装備の増設を正式化して洗練した感じやね。

脚はそれほど前とパーツ分けは変わらなかったけど、上半身は結構パーツ分けが独特な感じに仕上がってる!
恐らくだけど頭部のパーツ数も過去最多ぐらいに多いかも?
細かい色分けのためにかなり小さいパーツもあるから紛失注意って感じ。
両腕に至ってはフレームでは補えない腕の長さを追加パーツを使って伸ばしてるぐらいの懲りよう。
バリエーションキットでも腕が伸びたのは初めてではなかろうかw

腕が伸びたり外装が増設されたりしたおかげなのか、ベースのバルバトスよりかなり骨太で大型のキットになってる感じ。
武装は結構簡素でメイスが一つ付く程度だからほぼ本体のみと考えたほうが無難。
メイスは長さがあるから地面に垂直だと地面についちゃって立たせづらいからアスタロト同様斜めにするのがいいかも。
あとはオプションセットのほうに専用武装とかアクションハンドが付属するからそっちで補ってくれって感じ。
こういう販売方法は結構好きだわ(-m-。
本キットは本体と軽い武装だけつけて販売してその他をオプションの別売りキットで補完するってのは欲しい人だけ買える買う側に対してはメリットやね。

しかしバンダイ。このレベルのキットを客寄せとは言え定価1000円で売るんだもの、すごいよな。
ボリューム的には第6形態に匹敵するぐらい濃いのに。
キャラプラで培われた抜き技術とかパーツ共通のバリエーション販売とかどんどん一人勝ちしてる印象。
ガンプラが続いてくれるのは大いに結構だから朗報以外の何物でもないけどな(-m-。

公式情報を表示
元ツイートを表示
テスト


詳細データ

キットで使用した道具や工具

ハサミニッパーピンセット爪楊枝

HG ガンダムバルバトスルプス

発売日:2016年10月01日

定価: 1,000円 (税抜)

あみあみ

その他詳細情報はガンプラ図鑑に記載

【HG 1/144 ASW-G-08 ガンダムバルバトスルプス [GUNDAM BARBATOS LUPUS]】のガンプラ図鑑はこちら





何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。


コメントを残す