HG ガンタンク初期型 [TheORIGIN] Twitter 素組 まとめ

ガンプラのランナーや武装一覧などの情報はガンプラ図鑑に記載。

【HG 1/144 RTX-65 ガンタンク初期型 [GUNTANK EARLY TYPE]】のガンプラ図鑑はこちら

HG 1/144 RTX-65 ガンタンク初期型 [GUNTANK EARLY TYPE]  05月15日 発売! 定価:1,700円

今回はTheORIGINシリーズ2キット目となるガンタンク初期型です(--b
シャアザクの時も思いましたがHGUCシリーズとは分けて、TheORIGINのHGシリーズとして完全に分けて出したのがすごい好印象でした(-m-。
ストーリーとしてもTheORIGINは正史ではないですし、歴史自体も全然違うのでこれは英断でした。

HG ガンタンク初期型 パッケージ

キットの出来としては、普通のHGシリーズに比べてかなりミリタリーらしく細かいディテールになっています。
箱がでかかったので、結構ボリュームがあるか?と思ったんですが、それほど複雑でも細かくもない印象ですね。
ディテール用パーツが少しあるので、そういうパーツは小さく感じます。
この辺りは、一般的な戦車模型とかと同じ感じでしょうか。
キャタピラは、軟質パーツじゃなくて通常プラパーツでした。
薄さから来る弾力性は多少あるけど、基本的に変形が出来ないので、割れ防止も兼ねていじりすぎないように。
キャタピラのパーツは同じようなパーツが多いので、組立てる時注意です。

HG ガンタンク初期型 腰部 HG ガンタンク初期型 キャタピラ

胸部に関しては、一般的なMSと同じくですが、構造は完全新規の構造ですね。
腕の部分が丸関節のような形状なのでそれをうまく可動させるための穴が両側にあります。
胸部は平べったい構造になっているので、この部分はタンクって感じですね。
両腕の構造は、通常のガンタンクと同じく4連装機関砲になってます。
両腕の可動範囲は・・・今いちよくはないかもしれませんね(--;

HG ガンタンク初期型 胸部 HG ガンタンク初期型 本体

あと、キャノン部分の構造がHGでは初めて?シリンダーまで別パーツで可動式の構造になっていました。
こういう新しい構造はもっとどんどんやっていって欲しいですね!

HG ガンタンク初期型 シリンダー構造 HG ガンタンク初期型 キャノン部
HG ガンタンク初期型 キャノン可動部

全体的な出来としては、結構場所を取るので飾り映えはする反面邪魔になるキットかも(-m-;
TheORIGINでの活躍もやられ役とは言え結構しっかり動いててくれたので印象的な機体でもありますしね。
あと、色分けがほぼ完璧で一切シールを使わない珍しいキットです。
もちろん、ディテール用デカールは付属しますが。

HG ガンタンク初期型 正面 HG ガンタンク初期型 背面
HG ガンタンク初期型

TheORIGINシリーズは、構造体として結構新しい設計基準が採用されていて、なかなか挑戦的なので後続で出てくるであろうガンダムが楽しみです(-m-b
結構長寿のHGシリーズになるんではないでしょうか。
TheORIGINに興味のなかった俺でも、組立てて楽しくボリュームも適当で出来もいいので買って良かったと思えるキットです。
一応、最後に正史版ジムとの比較も掲載。

HG ガンタンク初期型 ジム比較


詳細データ

キットで使用した道具や工具

ハサミニッパーピンセット爪楊枝

その他詳細情報はガンプラ図鑑に記載

【HG 1/144 RTX-65 ガンタンク初期型 [GUNTANK EARLY TYPE]】のガンプラ図鑑はこちら

HG ガンタンク初期型(Theオリジン版)

発売日:2015年05月15日

定価: 1,700円 (税抜)

amazonリンク

あみあみ





何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。
※コメントは承認制のため承認されるまで何も表示されません。


コメントを残す