GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展 大阪 レポート/ガンプラ情報

大阪にて「GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展」の有料展示があったので行ってきました!
今回はガンプラのイベントや展示というより、劇場アニメの機動戦士ガンダム THE ORIGINの原画や設定画などを展示する有料展示というところで殆どの場所が撮影禁止。
イケる人は是非言ってその目で見てみよう(--b
入場料等は下に詳しく。来週月曜までだから生きたいと思う人は急いで!

公式サイト『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展 大阪

-開催概要-
●入場時間:午前10時→午後8時まで(午後8時30分閉場)※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
●入場料:一般800円(600円)、高大生600円(500円)、小中学生400円(300円)
※( )内は10名様以上の団体、大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方のご優待料金です。
※混雑状況によっては、整理券にて対応させていただく場合、ご入場いただけない場合もございます。
●主催:大丸心斎橋店
●協賛:バンダイナムコエンターテインメント
●協力:毎日放送
●監修:創通・サンライズ
●企画制作:GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展実行委員会

イベント内容については文章でしか表現できないのが惜しいね。結構良い展示物が多かったからアニメ好きにはおすすめしたい展示だった。
ちなみに内容は、入ってすぐにダイクン像の展示があって、その次から漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の直筆原稿がずらりと並んで全て間近で見ることが出来る展示スペース。
カラー部分や白黒の部分入り混じってたけど、塗りやトーンの具合まで解るものばかりで見てて楽しかったね~。
あとは、今まで公開された「青い瞳のキャスバル」「哀しみのアルテイシア」「暁の蜂起」「運命の前夜」順番でそれぞれのの原画、設定画、絵コンテ、アフレコ台本などの製作用アイテムが各ボックス毎に並ぶ形に。
そこを抜けると、アニメ版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の各種世界観を決める小物の設定を決めるために書かれた設定画がズラッと並んで展示。
途中入口付近だけど安彦良和さんのインタビューとかを流してる紹介動画のようなものもあったから見るのがオススメw

最奥には展示内では唯一撮影可能なTHE ORIGINシリーズガンプラの展示。
そして、展示品のラスト。
次回作となる「激突 ルウム会戦」の原画などが少しだけ展示されてた(--b
恐らくPV用に作られた先行カットのものだけだったけど見られたのはなかなか良かった。
その反対スペースには今まで書かれてきた原作絵のカラーポスター?の展示がそれぞれされてて締めくくり。
最後おまけのように色塗りしてみようコーナーが有ったけど、ペイントかなんかで色塗るだけでしかも上書き保存してはいけないとのことでスタッフの人も色々めんどくさそうだったw
どうせなら読み込み専用にして上書き対策しとけばいいのにね(-m-。

あとは、チケットを持ってない人でも入れる限定品の販売スペース。
ココも一部原画とお皿の箇所は撮影禁止とのことでそこの撮影はなし。
それ以外のスペースをそれぞれ撮影したから参考にどうぞ。
ちなみにガンプラの売切分は高機動型ザクIIメタリックのみ売切だった。
と言うか考えたら1/144スケールで唯一THE ORIGINのキットだなあれ(-m-;
MGのガンダム以外他全部関係ないやつやんw

以下は、『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN』で販売される限定ガンプラの一覧。
それぞれ発売した順に並んでるから参考にどうぞ。

ちなみに「素組」は素組まとめへ、「図鑑」はガンプラ図鑑へそれぞれリンク。amazonは転売値だから買う時は気をつけること。
定価はガンプラ図鑑と公式サイトに載ってるからじっくり買うやつ吟味するのがオススメよ。
もし、ランナーの中身とか知りたかったら写真が乗ってるものに関しては全て図鑑に載ってるぜ。

まだnoimageで表示されてるものについては開催日までには全て組見上げる予定。

関係するガンプラ一覧





何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。
※コメントは承認制のため承認されるまで何も表示されません。


コメントを残す