番外編 トミーテック ゾイド MSS 1/144 シンカー 素組 Twitter まとめ

番外編 トミーテック ゾイド MSS 1/144 シンカー 素組 Twitter まとめ   発売! 定価:非売品

今回番外編としてガンプラと同じ1/144スケールのトミーテック ゾイド MSSシリーズ シンカーの素組まとめです(--b
俺は基本的に1/144スケールマニアと言うこともあり、いろいろな種類の1/144スケール市販プラモを集めているのでたまに比較用で買ったりしてます。
世界観の違う兵器が同じ場所に同じスケールで並ぶってのはロマンがありますよね(-m-。

ゾイド MSS 1/144 シンカー パッケージ

もともとこのMSSシリーズは旧キット版のゾイドを現行技術のハイディテールモデルとして生まれ変わらせようってコンセプトのようで、かなり細かい造形とあらかじめしっかり塗装された仕様で、実質組み上げてしまうと素組でも完成品として飾れます。
キットとしての完成度が高いこともあり、商品の単価も高いのでガンプラと比較するとHGよりRGに近い設定のようですね。

ゾイド MSS 1/144 シンカー 正面 ゾイド MSS 1/144 シンカー 背面

ゾイドは基本的に小さくて、シンカーなどの小型機だとMSと比較するとかなり小さく見えます。
これが俺の密かな楽しみで、世界観の違う同じスケールの物を並べて楽しんでいます(-m-b
他にもいろいろ持っていますが、それは又の機会に。

ゾイド MSS 1/144 シンカー 比較

ゾイドは元々1/72スケールを基本に出していて、そのメインシリーズでさえ新商品が出にくくなっている中、突如出た1/144スケールシリーズだったので新しい商品展開を模索していたんでしょうが、価格の高さとネームバリューの弱さ、それに宣伝をあまりにもしなかったことも相まって売れなかったようで、シリーズも全8種類が出た所で企画が終わってしまいました(--;
一応第1期シリーズ終了とのことで、第2期シリーズを匂わせてはいますが企画倒れに終わる可能性が高く残念で仕方ありません(--;

MSSシリーズは良い所も多いんですが、いまいち微妙な点も多いと思ってます(--。
商品のパッケージも小売店のことを考えて、もっと小さくした方がいい気がしますし、価格ももっと安くしないと売れる気がしません。
俺としては、あまりディテールにこだわらず、塗装も省いて、細かい造形も捨てて、安いシリーズとして数を出せば売れる商品になる気がしているのでトミーテックさんは諦めずに続編を出して欲しいですね(--b
ゾイドも歴史のあるシリーズですし、最後のあがきとして出して欲しい所。





何か知りたいことがあれば気軽に質問して下さい(--b
組んで欲しいガンプラがあれば優先して作るのでリクエスト募集中です。
※コメントは承認制のため承認されるまで何も表示されません。


コメントを残す